練習報告(かなかな@Sax)
0

    今日の日記当番は かなかな@Sax です。






    ☆スケジュール
    10:00 集合
    10:35 諸連絡
    10:40 合奏
    11:30 休憩
    12:00 合奏
    12:45 片付け

    ☆諸連絡


    ・コンサートお疲れ様でした!13回も楽しくやっていきましょう。

    ・12回の感想、送ってください。

    ・12回の会計さんより、精算ある方は領収証出してください。

    ・13回の音源CD、前回配ったものはデータ用のもので、PCでしか聴けなかったようです。音楽用CDに焼き直したものを今日配ります。

    「勇気」の最後がフェイドアウトしてしまっています。

    ・13回の演出さんより、プリンカップ(透明の)をとっておいてください。出来ればお花のような形のものではなく、ツルンと丸いだけのものがよいです。




    ☆前半
    【基礎練習】
    ・ふるさと、ロングトーンの練習、音階練習1、2、バランスの練習、ハーモニーの練習、スケールとカデンツ、夕焼けコラール


    ブレスの前の音の処理をザツにしない。




    【森のくまさん】
    【あの日聞いた歌】

    【トトロ】

    通しました。




    ☆後半
    【トトロ】続きから

    【大仏と鹿】

    【美女と野獣】

    通しました。

    いや、大仏と鹿・・・ 通らなかったかな(^^;

    音源を聴いて、ニュアンスで吹いてしまっているので、譜面をよ〜く見て、ゆっくりでも正確なリズムで吹けるようにしましょう、とのことでした。




    ☆感想


    初見大会楽しかったです(^-^)。が、大仏と鹿、なんだかよくわかりませんでした。。。復習します。

    あと ○小節から! と言われて、まだ小節番号ふっていなかったので、早急にふっときたいと思います。
     

    カテゴリ:平日練習 | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
    練習報告(まほにゅ@tp)
    0

      6/15()はジャイアンの誕生日、日記当番まほにゅ@Tpです。

      【スケジュール】
      10:00 集合
      10:35 パートミーティング
      10:40 諸連絡
      10:45 合奏
      11:30 休憩 (もくぴよ合わせ)
      12:00
      合奏

      12:45片付け

      【諸連絡】

      取材の方がいらしています。賛助さん練習に参加してくださっています。
      ポスター貼りにご協力ありがとうございます。
      掲示してくださった方で記入のない方は、メールでよいので連絡ください。
      広報続々と掲載されています。進行表台本持って行ってください。
      残り合奏回数少ないので集中して練習しましょう。

      【基礎練】

      ふるさと

      ロングトーン 温かい息で。いきなり大きい音を出そうとしない。まわりをきいて発声。

      木管の方は、Fの音は宿命です。きいて合わせましょう。

      【前半】

      ハリウッド 2のフェルマータ、クレッシェンドたっぷり。

       曲の中でアーフタクトをきちんと吹くのはあっているが、そればかりが目立つ。自然に。少しかたい。

      クラシック 最初のHr、オーケストラ奏者のつもりで朗々と。
      お気に入り 最後3つでふっているのでのばしの人は特に指揮を確認してしっかり聴いて合わせてください。
      中程遅くなりがちなので、テンポキープ。
      フラッシング

      世界中 演出に合わせたテンポで。

       

      【後半】

      天国 カップミュートをつけて、音が小さくなりすぎないように。 

         Tu 弦のような響き、余韻をイメージして。

      アラジン 低音 頭から 音符気持ち長めに。256からそのままのテンションで。すぐに遅く重くならない。261で遅く。ラストに向けて271,272のテンション落とさないように。
      ブラジル

       

      【感想】

      本番まで秒読み。多くの曲を通してみて、課題が多く見える中にも、楽しく吹ける要素もまた増えてきた気がします。ここまできたら、各々書き込み等よく見直した上で、肩の力を抜いて、みんなで清々しい演奏ができればよいなと思います。

      カテゴリ:平日練習 | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
      練習報告(も〜にゃん@CL)
      0
        本日の日記当番はも〜にゃん♪@Clです。

        【スケジュール】
        10:00 集合
        10:35 パートミーティング
        10:40 諸連絡
        10:45 合奏
        11:30 休憩 (もくぴよ合わせ)
        12:00 合奏
        12:45片付け
        (終了後幸手別枠15:00まで)

        【キッズ当番】
        なし

        【諸連絡】
        ・ポスター&チラシ掲出先ご協力お願いします
        ・駐車の際はダッシュボードに『はるぴよ駐車カード』を置いてください

        【基礎練】
        ふるさと→
        ・強弱つける
        ・1拍目の音に集中する
        ・途中からではなく最初からまとまりを
        ロングトーン→
        ・EsとFの音がとりづらいので要check
        音階練習→
        ・カタい。力んでる
        ・あったかい息で
        ・豊かに響かせようとしよう
        ・音の広がりを表現
        ・身体を使って音を出す
        ・テンポ内で息を吸って、1拍目をしっかり掴む
        バランス→
        ・Perc.も心の中で「ラ〜♪」って歌う
        ・一緒に呼吸して。1.5倍の音で。
        スケールとカデンツ→
        ・2つめの音ですでに遅れる
        ・呼吸がバラバラ
        ・狙いどころを定めて
        ・循環するように
        ・積極的に
        ・全体的に膨らむのでなく、1音1音 『<<<<』みたいに
        ・上から、優しくソフトに

        【世界中〜】
        ・25.26Tpソロ→スラーじゃなくシンコペ気味に
        ・54特別じゃなくそのままに。最後もう少しタイをつける
        ・もう少しスタッカートはっきり

        【ハリウッド〜】
        ・2小節めの3拍め、少し隠れてからfへ
        ・途中で不安にならない。焦らない
        ・どっしり構える
        ・ボンゴ、手が痛くならない程度に出す
        ・21.100.102ほか→4分音符のテヌートぶっきらぼうに吹かない
        ・4分音符の上のテヌートアクセントやらテヌート、小節アタマの8分休符大切に
        ・C曖昧にしない。テンポ。4分音符。最初伸びやかに

        【ふるさと】
        ・cresc.は『ゆるく』でも『やや弱く』でもない『少し強く』。楽に出せる1番いいところの音で
        ・前奏では、ワクワク感、あたたかさ、感動的な曲がはじまるぞー!って感じを表現

        【アラジン】
        ・25.26フレーズ繋げて。Perc.小節の1拍めに重みを。1拍目を大切にしないと軽い曲になっちゃうので
        ・テンポ気を付ける。息をいれて、つんのめらない
        ・226だいぶ弾んできたが無理がある。もう少しポン!ポン!ポン!って。もっとスキップ。TDLにあるプーさんアトラクションのティガーのところみたいなイメージの弾み方
        ・258落としすぎない
        ・112テンションかえる
        ・270の2分音符×2のfpを4分音符ひとつずつ『f→(1拍)』『p→(1拍)』『f→(1拍)』『p→(1拍)』のイメージで長さを保つ
        ・アクセントは『バーン!』じゃなくて『はうぅ〜ん』(←うまく文字にできましぇん)
        ・294テンポ速め速めにつきぬける。カッチリさせず動きをつける(要注視です)
        ・ブレスとまらない。休符休まない

        【天国〜】
        ・A92拍め伸ばしの音mp→p→pp→と段階をふんで小さくするつもりで、最後まで消えないように
        ・81の4分音符(4拍め)テヌート思いっきり聴かせる。「よーーーーん」って聴かせてから→次の小節の1拍め「いちっ!」て入ることによってテンポがキマる
        ・82からテンポ良く
        ・86の3拍め4拍めの『4ウラ』の音を張る。エネルギーためる
        ・90.91accel.しない。ぜったい。速くすると音がちっちゃくなっちゃう
        ・97.98急がない。より厳しく吹くことか大事
        ・Dから中低音の付点4分音符感情こめる。伸ばし音に色気出す。聴かせる

        【感想】
        日記当番やることによって、普段自分の楽譜、自分の音としか向き合っていないということに気づかされ、スコア欲しいなー、って思いました。みんなでつくりあげる音。少しでもココロ合わせて本番に臨みたいと強くつよく感じました。コンサートまであと1ヶ月あまり。みんなー、がんばろーねぇ(いちばん頑張れよ自分。。。)。『1寸の音にも5分の魂♪』本日の日記、語彙の少なさと音楽記号の少なさにやられて(笑)要確認箇所けっこうあります。『なんじゃこれ??』と思ったトコロは、本日出席していた同じパートの仲間に教えてもらってくださいませ!みんなごめんん。
         
        カテゴリ:平日練習 | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
        練習報告(ナホ@Tuba)
        0

          5月11日(金) の日記当番Tubaナホです。

          【スケジュール】
          10:00 集合
          10:35 パートミーティング
          10:40 諸連絡
          10:45 合奏
          11:30 休憩
          12:00 合奏
          12:45 片付け

          【諸連絡】
          ・15:00まで個人練の部屋取っています。
          ・ポスター、チラシ配布のご協力お願いします。
          ・落し物がありました(アクセサリー?)確認お願いします。

          【前半】
          ●基礎練
          ふるさと〜スケールとカデンツまで通しました。
          スケールとカデンツをテヌートで1回、マルカートで2回やりました。マルカートはまだ慣れてないですが、グチャっと音がつぶれないように!
          ●フラッシング
          ・リズムに乗り遅れない!
          ・メトロノームに合わせて曲の勢いやテンポ感を落とさないように意識して通しました。
          ・注!!テンポ早くなりました!音源確認お願いします。
          ●レッツゴー
          ・全体的に1拍目を合わせて安心せず、1拍目、2拍目もしっかりとって「ワン、ツー」のテンポを意識する
          ・106のドラム小さくしすぎなくていい
          ・注!!1番最後の小節の自分音符、「パーーン、パン」と舌をつき直す吹き方に変更になりました!音源確認して下さい。
          ●ブラジル
          ・11の4拍め「急激にやさしく」
          ・「ブラジール!!」の掛け声が中途半端。もっと使命感を持って口を大きく開けてちゃんとやってください。でも真面目な顔でやっても変だから何かやりたい…という話も出ました。

          【後半】
          ●お気に入り
          ・注!!テンポがアップしました!音源確認お願いします。
          ・メロディ「パーラッ」の「ラッ」は押さないで引くイメージ
          ・123からの3小節、テンポもたつかない、止まらない、ひとつひとつ切らないで流れるように!みんな同じ動きだから揃えて!
          ・Lピッチがずれることを怖がりすぎて音が抜けがち、音が抜けないように!!
          ・198の終わりからのクレッシェンドもっと意識

          【感想】
          本番に向けてテンポ感がアップしたり、吹き方が変わったりなどの変更点がいくつかありました。参加できなかった方はぜひぜひ音源で確認してください。
          テンポがアップして難易度が上がったきもしますが、その一方でみんなテンポにくらいつていこうとするエンジンがかかって、勢いがでてきて、今までにない楽しさを感じた練習でした!

           

          カテゴリ:平日練習 | 07:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
          練習報告(きょろ@Sax)
          0

            本日の日記当番はきょろ@saxです。

             

            10:00 集合

            10:35 パートミーティング

            10:40 諸連絡

            10:45 合奏

            11:30 休憩

            12:00 合奏

            12:45 片付け

             

            ★諸連絡★

            広報より ポスターチラシの配布お願いします。

            コンサートキッズのお土産おかし代150円/1人 ゲネの日に集金します。

            賛助Nさん来ていただいてます。

             

            ★前半★

            《ふるさと》

            レガートで。

            《ロングトーン》

            高い音(Fより上)ほど音程が上ずるので気をつけて。

            音の出だしに勢いがありすぎる。呼吸のテンポを合わせる。

            温かい息で。

            《音階・バランス》

            高音吹く人ほどやわらかく、響きのなかに入るように吹く。

            《ハーモニー》

            《スケール》

            テヌートで。テンポが上がり音が短くなると汚い。低い音と高い音で発音を変える。楽にきれいにやわらかく。

            《世界中》

            三連符が早い、詰まる。perc.打点だけでなく叩いていないときも(ストローク中も)タイミング合わせる。

            《ハリウッド》

            13,14、15小節とも1拍目のテヌート、音が長すぎる。次の音との間に隙間をつくる。

            全体的に強弱の差をもっとつけて。

            34小節目、tp、tb 8分休符のタイミング少し遅い。

            99小節目 もう少し大きく。

            出だし。fpにならない。出た音の音量を保つ。

            132小節目スタッカートの音きれいにポンと吹く。

            《ふるさと》

            吹く人音の出だしやわらかく。アーフタクトの入り、歌う人とタイミング合わせる(一呼吸置く)。吹き始めたら巻き気味で吹く。

            次の音へ移るタイミングきちんと。しっかり伸ばして音を切る時もきれいに切る。伸ばす音もメロディックにふく。

            48小節目ていねいに。

            49小節目のばしは『mf』。fpと書いているがやらない。mfでのばす。

             

            ★後半★

            《アラジン》

            場面ごと、曲調変わるごとにもっと雰囲気を変える。

            スピード感とやわらかさを出す。

            226小節目から、もっと軽く。バッキングももっと目立ってよい。

            256小節目から、もっと音をつなげて。テンポ感落とさない。

            108小節目から、LOVEな雰囲気で。Asax solo入る前に雰囲気変える。

            275小節目タカタッタッタではなく、パパパンパンパン。

            fl picc 連符終わりの音タイミング合わせる。

            274小節目、2拍目の取り方、3拍目の入り方、雰囲気をつくる。

            fp、pのときも音がなくならないように。

            266小節目4拍目、音を張る

            276小節目4拍目、重くならないように。

            《天国》

            9小節目〜11小節目 fpにならないように。徐々に音を小さくする。

            A〜tp、tb 伸ばしている音が消えないようにする。聞こえるように吹く。

            Hのはいり、静かに入り、入ってからふくらます。

            82、83小節目 低音もうすこし弾む感じで。

            86小節目 拍が進むたびに盛り上がる

            《ブラジル》

            出だし管の入り、静かに。

            時間がなくて通して終わりでした。

             

             

            ★感想★

            コンサート近づいてきました。

            できること、できないことありますが、

            楽しむこと忘れずに1回1回の練習、大切に積み重ねたいと思います。

            みんなで楽器が吹けることに、音楽ができる環境に、みんなに、

            感謝の気持ちを忘れずに、そんな気持ちが伝わる音がでたらいいなと思います。

             

            カテゴリ:平日練習 | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
            練習報告(みかん@FL)
            0

              4/6(金)日記当番はみかん@Flです

              10:00 集合
              10:35 パートミーティング
              10:40 諸連絡
              10:45 合奏
              11:30休憩
              12:00合奏
              12:45 片付け

              〈諸連絡〉
              演出より
              虹の譜面かくしとクラシックカーの提出をお願いします
              〈前半〉
              ふるさと→ロングトーン
              ドーと一人一人あたたかい息で、生きた音を出す
              頭の中でドーレーとイメージする。音階(1)(2)、(1)よりも(2)の方が響きある
              スケールカデンツ、ドオーレエーと押したりしない。
              ブレスのあと、どんな風に入るのか、次の音をどうするのか次の音のタイミングをどうするか考える。なんとなくなんとなくの吹き方をしない。
              【お気にいり】
              1小節目から1拍ずつに聞こえてしまう、機械的なので全部の音を同じに吹かない、mfでももう少し音がたってよい。6小節目の符点四分音符、充分に音を保って。127、129、131、の四分音符がそこだけ大きく聞こえちゃうので自然に。148の1拍目はペッにならない、スフォルツファンドで。149は間延びしちゃうので前へ前へ吹く。165とぎれとぎれにならないで上からレガートレガートで。
              173のSax、パラッパじゃなくてダダッパーで。
              〈後半〉
              【フラッシング】
              82の二回目、Tp、Tb、タンバリン、小節と小節の間で何か間がある、4拍目の頭の八分休符が長いので止まってしまう、4の裏2小節ずつのフレーズで持っていく。89もっとクレッシェンドで。
              【レッツゴー】
              6まで重みはあるんだけどテンポがあっての重みで自然の流れで。62アクセントはないのでもう少し柔らかく。116タタタ、タタタと音を伸ばす、弦が引いてるように吹く。119と120の八分休符は同じであってはいけない。126のおかず、しっかり吹く。130のTbひと息で入れていく。
              【ブラジル】
              1回目に振り付けない時の
              133のチャーチャチャは
              ちゃんと吹き、2回目は可愛らしく吹く。
              〈感想〉
              所々抜けていてすみません?抜けてる所はパート内で伝達をお願いします
              楽譜にかじりつかないようにゲネまでには暗譜できているくらいに頑張りたいです
               

              カテゴリ:平日練習 | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
              練習報告(はびっち@Sax)
              0

                日記当番は、はびっち@サックスです。夜分にすみません。


                10:00集合
                10:35パートミーティング
                10:40連絡
                11:30休憩
                12:45終了

                <諸連絡>
                親子劇場の広告が出来上がりました。出た人は持っていってください。
                チラシとポスターが出来上がりました。掲示のご協力お願いします。まとまった枚数が必要な方はあらかじめ教えてください。
                ふるさとの歌詞と虹のが用紙をまだの方は持っていってください。
                来年のコンサートのアンケート、18日までです。


                『基礎合奏で心がけること!!』配布。全員に届けてください。

                <ふるさと>
                まず演奏、次にうたい、その後楽器で。音が生きてくる。

                <ロングトーン>
                25m先に飛ばすように鳴らす。

                <バランス>
                ピッチを合わせるために、主の音、まわり、隣の音を聴く。

                <スケールとカデンツ>
                上のCがすごく低い。上にいったら音質を変える。地声のままに聞こえる。

                <世界中の子供たち>
                リズムを感じて元気よく。伴奏者、メロディー部分の終わりと次の音(4拍目と1拍目)がずれる。なのでテンポが一瞬飛ぶ。全員で感じればずれない。待てない人は早くなる。それでも全員で感じていればフレーズの終わりで戻せる。全体的にずっと同じに聞こえる。

                <ブラジル>
                振付の確認。最後は大きなritはしない。

                <アラジン>
                277、16分前に来ている。パパパパン!で。つなぎの4拍目が短い。273、266特に。間の空け方がすごく悪い。108、『1と2と3と4と』と感じて。255、3.4拍目が短い。26、切るまでしっかり鳴らす。減衰するとテンポ感がなくなる。

                <ハリウッド>
                Iに飛ぶところしっかり。Cの2小節前の4拍目頭、おろそかにしない。2、躊躇しない。

                <天国の島>
                86、付点8分の人はもう少し引っ張る。82のユーフォ、テンポ前に。97、A.サックスタイミング合わない。入りが遅い。

                <感想>
                今回は『全員でリズムを感じて』『全員で、みんなで』と言った言葉が多かったように思います。音源を聞いても、この曲をどうしたいかが細かいところまで満場一致で理解されてる気がする…。当たり前のことだしそのためのパートミーティングですが、限られた時間のなかでなかなか難しいことだと思います。でも、今日の総会でもありましたが、合奏できる場があってみんな色んな方面を解決させながら参加してる。(もちろん周りには感謝してます。)やっぱり合奏が好き!に尽きると思います。なので上記のこともできるはず!日が迫ってきて焦りますが、頑張りましょう。(長文&よくわかんない熱い文章すみません。)
                 

                カテゴリ:平日練習 | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
                練習報告(ふるふる@FL)
                0

                  日記当番は ふるふる@Flです。

                  〈スケジュール〉

                  10:00〜集合

                  10:35〜パートミーティング

                  10:40〜諸連絡

                  10:45〜合奏

                  11:30〜休憩

                  12:00〜合奏

                  12:45〜片付け

                  13:00〜撤収

                   

                  〈前半〉

                  基礎練

                  「ふるさと」

                  ・点で感じないで流れでテンポを感じて

                  「ロングトーン」

                  ・毎回同じ状態(口、音)で6拍なら6拍のゴールを見つけて、そこまではまっすぐに吹く

                  「音階練習」

                  ・どの音もムラなく、同じように吹けるように

                  「バランス」

                  ・まず鳴らす!だんだん自信が無くなってきて小さくなる。出してから濁らないように調節していく。

                  「スケールとカデンツ」

                  ・8分音符の頭からテンポが少しずつずれていくので、4分音符の時に8分音符を感じて!8分音符になった頭が特に大事!

                   

                  「お気に入り」

                  ・頭からAまでテンポ80くらいで

                  ・poco ritの8分音符のスタカートはポンポンポンと音の輪郭を少し広げて柔らかく。

                  ・A〜テンポ168

                  ・15〜16アクセント、クレッシェンドをもっとつけて。

                  ・20〜21,24〜25頭アクセントもっと、メロディはフレーズで歌って。音単位で歌いすぎると遅れる。

                  ・I〜自然な流れでアクセントは十分わかる。2小節単位でフレーズを感じて。

                  ・148アクセント「ペ」 ×

                  「ザン」  ○

                  ・K〜テンポは前目でも良いけど、音は長めで4小節の流れをつくる事。

                  4分音符3つ目を入れて。

                  ・L〜感情豊かに

                  伸ばしの人はビブラートで表現を!

                  機械音にならないように。

                   

                   

                  〈後半〉

                  「フラッシング」

                  ・ソノーレ=テンポ遅らせる事じゃない!

                  前への流れは止めずに、朗々と!きらめく風だから、自然にAに入れるように。

                  ・Aから入る人はその前から8分音符を意識して

                  ・次のフレーズに行くときに遅れず、流れを保って!

                  ・A〜表情がでてくると良い。

                  ・テヌートスタカート=ポップスより少し重く、ジャジーな感じで

                  ・40,41アクセント強すぎる

                   

                  「レッツゴー」

                  ・各パートソリの所はパートで歌いかたを合わせて、表現をつけられるように!

                  せっかく立って、吹けませんでしたはカッコ悪い!

                  ・Nで盛り上げたいからMは少し控えめで134クレッシェンドでNを盛り上げる大きさを作る

                  ・N16分音符は1拍ずつ分かれないで

                  ・141のritはあえて自分から遅くしないで!自然とならOK。

                   

                   

                  〈感想〉

                  基礎練習から先生の口から何度も聞いている「フレーズ感」

                  「4分音符から8分音符になる前から8分音符を感じて」

                  基礎練習で出来ていない事は合奏で出来ないのは当たり前ですよね。。

                  基礎練習での注意は曲の中で生かしていけるように、どの曲も言われる前に楽譜に書かれている事が出来るように譜読みしていく事が大事だなぁ。。と改めて感じました。

                  来月にはゲネです!

                  しっかり指揮を見て、周りの人と音も心も合わせられるように、アンテナを沢山張っていたいと思いました。

                   

                  カテゴリ:平日練習 | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  練習報告(マミー@Perc)
                  0

                    日記当番はマミー@percです。遅くなりすみません。

                     

                    10:40 諸連絡

                    10:45 合奏

                    11:30 休憩

                    12:00 合奏

                    12:45 片付け

                     

                    【諸連絡】

                    ・ブラジルのふりつけ来週からやります。楽譜に書いてない人は書いておいて下さい。

                     

                    ・13時から栗橋幼稚園依頼演奏の別枠練習あります。

                     

                    <前半>

                    【基礎合奏】

                    ・ふるさと

                    フレーズの変わり目が雑

                    1個1個間隔があいてる。長めに響かせるように。

                    「ラ」のイメージで盛り上がった時優しく吹く

                     

                    ・ロングトーン

                    聴いてから(耳で聴いて頭で考えて)無理やりあわせて音をだすのは良くない。

                    一人一人のちゃんとしたいい音をださないと音は響かない。

                     

                    ・音階

                    音によって鳴る音色がかわってしまう。鳴っている響きの中でいい音を出せるか。

                    F高くなりやすいので気をつける。

                     

                    ・ハーモニー・スケールとカデンツ

                    段々音が弱くなる。いい音のままハーモニー出来るように。

                     

                    【世界中】

                    ・ハーモニーの流れを意識する。

                    ・Drum 音を小さくしても 引っ込みすぎない。

                    ・Glock 4分音符しっかり叩く。3連符おくように叩く。FlやClのメロディーにとけこむように。

                    ・小節の前の3連符(タタタ)がクレッシェンドしているように聴こえる。小節の頭の音が大きいと格好悪い。

                    ・世界中でのアウフタクトやメロディーで注意したことは、他の曲にも応用する。

                     

                    【ブラジル】

                    ・perc音量4段階で表現するように。メロディー覚えて出すところ、引くところ気をつける。

                     

                     

                    <後半>

                    【アラジン】

                    ・スフォルツァンドと分かるように。

                    ・メゾピアノ、メゾフォルテ段階つける

                    ・perc 13小節目 スフォルツァンド重く持たせる。きめる。

                    ・付点4分音符遅れないように。

                    ・Glock 108小節目 軽快に叩く。3拍4拍目重くならないように。

                    ・129小節目 しっかり吹く

                    ・266小節目 フォルテでしっかり鳴らす→そのまま

                    a tempoへ。

                    ・274 小節目 「Driving」意識して吹く。

                    最後にジニーが出てくる。

                    楽しかった!で軽く終わる感じ。重く終わらない。→録音をご確認下さい💦

                     

                    【ハリウッド】

                     ・Iへ飛ぶ前遅くしない。上手く堂々と飛ぶ。

                    ・各フレーズ4つ目の音をしっかり。均等に明確に。

                     

                    【天国の島】

                    通しました。

                     

                     

                    お手数ですが抜けているところはパート内で伝達をお願いします。もしくは録音をご確認下さい。宜しくお願いします。

                     

                    【感想】

                    初めての日記当番になります。

                    毎回いっぱいいっぱいになり 余裕がない状況です。曲をもっと頭に入れ込み、楽譜ばかり自分ばかりにならず 全体を感じながら出来るようにならなければと思っています。

                    とにかく毎回反省の日々です。言われたことを次回は完璧にできるよう頑張ります。

                     

                    あとは管楽器の動き、リズムを知るためにも各パートに原譜ではなく自由に使える(書き込んだりできる)スコアが1つあればいいなと思いました。そこに注意されたところを書き込み、同じパート内の参加できなかった人が次回確認する時にイメージわくように。

                    percは一人一人楽器が違いますが、もちろん共通しているところもあります。自分が注意されたところ、楽譜を足されたところを書いて知ることにより 曲の表現・感じ方など次に活かせたりできるのかなと思いました。

                    筋違いな話でしたらすみません(>_<)

                    カテゴリ:平日練習 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    練習報告(はびっち@Sax)
                    0

                      日記当番は、はびっち@サックスです。
                      10:00集合
                      10:35諸連絡
                      11:30休憩
                      12:00合奏
                      12:45終了
                      <諸連絡>
                      楽譜バックありません。
                      <ふるさと>
                      クレッシェンド、ディミヌエンドみんなの気持ちを合わせて。準備体操としてのふるさとではなくしっかり鳴らす。
                      <ロングトーン>
                      Aの音が合わない
                      <音階>
                      音によってバラつきがある。
                      <バランス>
                      前に鳴ってるハーモニーの中に入る。とげが無いように。
                      <ハーモニー>
                      戻ってきた和音が合わない。
                      <世界中の子供たち>
                      メロディーの16分音符が甘い。3連符と16分があるので分解してみる。fやpを守る。元気よく、はぎれ良く。
                      <フラッシングウインズ>
                      スタート、4分音符ふくらまない。つなげて回転良く。6から送れる。8の頭が合わない。fpに落とすとき4拍目の頭に音が無いように。1と2と3とで切る。トランペットとトロンボーンで裏拍を感じて合わせる。19と23のリズム甘い。伸ばすところは広げない。19はパパパパーンに重心を置く。次のパーンは優しく。82、4.5拍目を大きくとると崩れる。収める感じで。33の5拍目を推すと次に引きずる。トランペットはトリプルタイミングをパートで揃える。今は引きずっている。シングルだと3つ目の音が勝ってしまう。
                      (曲全体として)テンポのずれはフレージングでカバーする。ハーモニーディレクターの8分を鳴らして合わせても曲にはなるが、リズムの取り方を変えてやってみよう。フラッシングウインズの意味は「輝く・ひらめく、風」この風には「ウインドオーケストラ」の意味もある。つまり輝くオーケストラの意。テンポは変えず、拍の取り方、頭の取り方を変える。
                      <私のお気に入り>
                      8は音を短くすることでディミヌエンドを表現する。5からクラ2nd3rd無機質にならないように。9からアルトサックス遅れない。全体的にだんだん大きくとりすぎ。シンプルの中にうたう。テンポを広げない。前へ前へ。Bから4小節でひとまとめ。「起承転結」の基本のかたまりとその間のつなぎと考える。125のアクセント、Iにつなげる。126無機質にならない。125と126に間が空かないように。165は前に。172切りを合わせる。173ドュダツタのツを感じて、16分気持ち後ろに。
                      <レッツゴークラシック>
                      120フレージングを切らない。最後は遅くしない(今のところ)
                      <感想>
                      できてるつもりが合奏になるとできなかったり慌てたりする個所がまだまだありました。合奏までの時間も無駄にせず練習したいと思います。

                      カテゴリ:平日練習 | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      | 1/26PAGES | >>