<< 練習報告(たか&ゆう@CL) | main | 練習報告(はびっち@Sax) >>
練習報告(ふるふる@FL)
0

    日記当番は ふるふる@Flです。

    〈スケジュール〉

    10:00〜集合

    10:35〜パートミーティング

    10:40〜諸連絡

    10:45〜合奏

    11:30〜休憩

    12:00〜合奏

    12:45〜片付け

    13:00〜撤収

     

    〈前半〉

    基礎練

    「ふるさと」

    ・点で感じないで流れでテンポを感じて

    「ロングトーン」

    ・毎回同じ状態(口、音)で6拍なら6拍のゴールを見つけて、そこまではまっすぐに吹く

    「音階練習」

    ・どの音もムラなく、同じように吹けるように

    「バランス」

    ・まず鳴らす!だんだん自信が無くなってきて小さくなる。出してから濁らないように調節していく。

    「スケールとカデンツ」

    ・8分音符の頭からテンポが少しずつずれていくので、4分音符の時に8分音符を感じて!8分音符になった頭が特に大事!

     

    「お気に入り」

    ・頭からAまでテンポ80くらいで

    ・poco ritの8分音符のスタカートはポンポンポンと音の輪郭を少し広げて柔らかく。

    ・A〜テンポ168

    ・15〜16アクセント、クレッシェンドをもっとつけて。

    ・20〜21,24〜25頭アクセントもっと、メロディはフレーズで歌って。音単位で歌いすぎると遅れる。

    ・I〜自然な流れでアクセントは十分わかる。2小節単位でフレーズを感じて。

    ・148アクセント「ペ」 ×

    「ザン」  ○

    ・K〜テンポは前目でも良いけど、音は長めで4小節の流れをつくる事。

    4分音符3つ目を入れて。

    ・L〜感情豊かに

    伸ばしの人はビブラートで表現を!

    機械音にならないように。

     

     

    〈後半〉

    「フラッシング」

    ・ソノーレ=テンポ遅らせる事じゃない!

    前への流れは止めずに、朗々と!きらめく風だから、自然にAに入れるように。

    ・Aから入る人はその前から8分音符を意識して

    ・次のフレーズに行くときに遅れず、流れを保って!

    ・A〜表情がでてくると良い。

    ・テヌートスタカート=ポップスより少し重く、ジャジーな感じで

    ・40,41アクセント強すぎる

     

    「レッツゴー」

    ・各パートソリの所はパートで歌いかたを合わせて、表現をつけられるように!

    せっかく立って、吹けませんでしたはカッコ悪い!

    ・Nで盛り上げたいからMは少し控えめで134クレッシェンドでNを盛り上げる大きさを作る

    ・N16分音符は1拍ずつ分かれないで

    ・141のritはあえて自分から遅くしないで!自然とならOK。

     

     

    〈感想〉

    基礎練習から先生の口から何度も聞いている「フレーズ感」

    「4分音符から8分音符になる前から8分音符を感じて」

    基礎練習で出来ていない事は合奏で出来ないのは当たり前ですよね。。

    基礎練習での注意は曲の中で生かしていけるように、どの曲も言われる前に楽譜に書かれている事が出来るように譜読みしていく事が大事だなぁ。。と改めて感じました。

    来月にはゲネです!

    しっかり指揮を見て、周りの人と音も心も合わせられるように、アンテナを沢山張っていたいと思いました。

     

    カテゴリ:平日練習 | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://mamabrass.harupiyo.babymilk.jp/trackback/1052471
    トラックバック