<< 練習報告(ナホ@Tuba) | main |
練習報告(けーちん@FL)
0

    担当は けーちん@FLです。

     

    <スケジュール>

    10:35  パートミーティング

    10:40  諸連絡

    10:45  合奏

    11:30  休憩

    12:00  合奏

    12:45  片付け

     

    <諸連絡>

    コンサート実行委員会より

    ・パプリカダンスは練習後にします

    ・各パートさんに楽器紹介ボードを渡しましたので、剥がしやすいような枠だけの飾り付けをお願いします。

    ・オープニング演出で、各パート前に出てくれる人とプラカードキッズの連絡をパートリーダーさんお願いします。

    楽譜係より

    ・オリンピックマーチ のフルスコアを木管、金管パートそれぞれにコピーを回します。

    ・各パートごと確認が終わったら次のパートに回してください。

    ・最後のパートは楽譜係に返却してください。

     

    <基礎練習>

    ・デイリー

            「トウ」とか「トオ」などで発音しない、タンギングが強くならないように。

            「バー」「マー」「ボー」などで発音するように。

            楽器に息をしっかり入れるように。

    ・ハーモニー、カデンツ

            基礎練習でしっかりときれいな音を出せるように。

            音の波形が大きくなるように、細かくならないように。

            オーケストラやプロの音をできれば生で聞くと良い。

            きれいな音をしっかりイメージする。

           

    <テイクオフ>

    ・冒頭部分

            アタマmf音量の調節うまく、メロディを美しく続けるように。

            8分休符に8分音符があるように意識して、休符でも休まず頭で拍を感じるように。

            音の始まりを点で捉えない。

    ・13小節目

            4拍目入った後ぶっきらぼうにならない、入りが遅い。

    ・A5小節目

            トロンボーン、ユーフォニウム、音滑らかに、付点4分音符の音をきちんと保つ。

    ・fastから

            休符も休まず頭で拍を数えるように。     

            メロディライン、先に歌いすぎて遅れないように。

     

    <ラッキードラゴン>

    ・冒頭部分

            しっかりと音を保って、優しく、おどろおどろしく吹かない。

    ・9小節目

            慌てない、休符もちゃんと数える

    ・10小節目

            3連符は長め、慌てない

    ・D

            全体的に拍が早すぎ、行き過ぎてしまうので、音を保って。

    ・E

            木管、各フレーズの終わりが汚いので、フレーズの終わりを丁寧に。

            金管の1拍目の音、もう少し響きを残す。

    ・F

            金管、8分休符で遅れるので、休みすぎないように。

            木管、連符頑張っているが、もう少し練習をして音の粒を合わせるように。

    ・G、K

            8分の7の7拍目をもう少ししっかりと。

            61小節目から伸ばしの人も難しいが、しっかりと。

    ・L

            スラーを頑張っているが、スラーに聞こえなくなっている、滑らかに。

    ・P

            154小節目でしっかり出して、157小節目でしっかり落とす。

    ・Q    

            もう少し堂々と、凛々しく。

    ・181小節目

            ここからずっと ffは厳しいし汚くなるので、歌って。

    ・S

            音がまだ散らかっているが、少しずつ良くなっているので、よく練習する。

     

    <感想>

    すみません、なかなか上手くメモ取りが出来ないせいか、何が書いてあるのか、自分で書いたのによく分からない部分もありました。

    誠に申し訳ありません。

    先生が再三再四お話される「息をきちんと楽器に入れて!」「温かい音を出して!」を意識してみました。指はまだまだ追いつかずですが。

    話はズレますが、前日に「題名のない音楽会」でウィーンフィルの主要メンバー数人が出演し、「美しく青きドナウ」を演奏していました。

    ワルツの三拍の拍と拍の間の絶妙な間がなんとも言えず、テンポが微妙に変わる中でもその「間」が感じられて、うっとり聞いてしまいました。

    音を保つとはこう言うことかなあと感じたしだいです。

     

    今日はこれから子供が願書出願です。

    子供に負けないよう、置いていかれないように、母も頑張ります!

    宜しくお願いします。

    カテゴリ:休日練習 | 16:19 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする