練習報告(きょろ@Sax)
0

    本日の日記当番はきょろ@saxです。

     

    10:00 集合

    10:35 パートミーティング

    10:40 諸連絡

    10:45 合奏

    11:30 休憩

    12:00 合奏

    12:45 片付け

     

    ★諸連絡★

    広報より ポスターチラシの配布お願いします。

    コンサートキッズのお土産おかし代150円/1人 ゲネの日に集金します。

    賛助Nさん来ていただいてます。

     

    ★前半★

    《ふるさと》

    レガートで。

    《ロングトーン》

    高い音(Fより上)ほど音程が上ずるので気をつけて。

    音の出だしに勢いがありすぎる。呼吸のテンポを合わせる。

    温かい息で。

    《音階・バランス》

    高音吹く人ほどやわらかく、響きのなかに入るように吹く。

    《ハーモニー》

    《スケール》

    テヌートで。テンポが上がり音が短くなると汚い。低い音と高い音で発音を変える。楽にきれいにやわらかく。

    《世界中》

    三連符が早い、詰まる。perc.打点だけでなく叩いていないときも(ストローク中も)タイミング合わせる。

    《ハリウッド》

    13,14、15小節とも1拍目のテヌート、音が長すぎる。次の音との間に隙間をつくる。

    全体的に強弱の差をもっとつけて。

    34小節目、tp、tb 8分休符のタイミング少し遅い。

    99小節目 もう少し大きく。

    出だし。fpにならない。出た音の音量を保つ。

    132小節目スタッカートの音きれいにポンと吹く。

    《ふるさと》

    吹く人音の出だしやわらかく。アーフタクトの入り、歌う人とタイミング合わせる(一呼吸置く)。吹き始めたら巻き気味で吹く。

    次の音へ移るタイミングきちんと。しっかり伸ばして音を切る時もきれいに切る。伸ばす音もメロディックにふく。

    48小節目ていねいに。

    49小節目のばしは『mf』。fpと書いているがやらない。mfでのばす。

     

    ★後半★

    《アラジン》

    場面ごと、曲調変わるごとにもっと雰囲気を変える。

    スピード感とやわらかさを出す。

    226小節目から、もっと軽く。バッキングももっと目立ってよい。

    256小節目から、もっと音をつなげて。テンポ感落とさない。

    108小節目から、LOVEな雰囲気で。Asax solo入る前に雰囲気変える。

    275小節目タカタッタッタではなく、パパパンパンパン。

    fl picc 連符終わりの音タイミング合わせる。

    274小節目、2拍目の取り方、3拍目の入り方、雰囲気をつくる。

    fp、pのときも音がなくならないように。

    266小節目4拍目、音を張る

    276小節目4拍目、重くならないように。

    《天国》

    9小節目〜11小節目 fpにならないように。徐々に音を小さくする。

    A〜tp、tb 伸ばしている音が消えないようにする。聞こえるように吹く。

    Hのはいり、静かに入り、入ってからふくらます。

    82、83小節目 低音もうすこし弾む感じで。

    86小節目 拍が進むたびに盛り上がる

    《ブラジル》

    出だし管の入り、静かに。

    時間がなくて通して終わりでした。

     

     

    ★感想★

    コンサート近づいてきました。

    できること、できないことありますが、

    楽しむこと忘れずに1回1回の練習、大切に積み重ねたいと思います。

    みんなで楽器が吹けることに、音楽ができる環境に、みんなに、

    感謝の気持ちを忘れずに、そんな気持ちが伝わる音がでたらいいなと思います。

     

    カテゴリ:平日練習 | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
    練習報告(みかん@FL)
    0

      4/6(金)日記当番はみかん@Flです

      10:00 集合
      10:35 パートミーティング
      10:40 諸連絡
      10:45 合奏
      11:30休憩
      12:00合奏
      12:45 片付け

      〈諸連絡〉
      演出より
      虹の譜面かくしとクラシックカーの提出をお願いします
      〈前半〉
      ふるさと→ロングトーン
      ドーと一人一人あたたかい息で、生きた音を出す
      頭の中でドーレーとイメージする。音階(1)(2)、(1)よりも(2)の方が響きある
      スケールカデンツ、ドオーレエーと押したりしない。
      ブレスのあと、どんな風に入るのか、次の音をどうするのか次の音のタイミングをどうするか考える。なんとなくなんとなくの吹き方をしない。
      【お気にいり】
      1小節目から1拍ずつに聞こえてしまう、機械的なので全部の音を同じに吹かない、mfでももう少し音がたってよい。6小節目の符点四分音符、充分に音を保って。127、129、131、の四分音符がそこだけ大きく聞こえちゃうので自然に。148の1拍目はペッにならない、スフォルツファンドで。149は間延びしちゃうので前へ前へ吹く。165とぎれとぎれにならないで上からレガートレガートで。
      173のSax、パラッパじゃなくてダダッパーで。
      〈後半〉
      【フラッシング】
      82の二回目、Tp、Tb、タンバリン、小節と小節の間で何か間がある、4拍目の頭の八分休符が長いので止まってしまう、4の裏2小節ずつのフレーズで持っていく。89もっとクレッシェンドで。
      【レッツゴー】
      6まで重みはあるんだけどテンポがあっての重みで自然の流れで。62アクセントはないのでもう少し柔らかく。116タタタ、タタタと音を伸ばす、弦が引いてるように吹く。119と120の八分休符は同じであってはいけない。126のおかず、しっかり吹く。130のTbひと息で入れていく。
      【ブラジル】
      1回目に振り付けない時の
      133のチャーチャチャは
      ちゃんと吹き、2回目は可愛らしく吹く。
      〈感想〉
      所々抜けていてすみません?抜けてる所はパート内で伝達をお願いします
      楽譜にかじりつかないようにゲネまでには暗譜できているくらいに頑張りたいです
       

      カテゴリ:平日練習 | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
      練習報告(さとみ@Euph)
      0

        日記当番は、さとみ@ユーフォです。


        1000集合
        1035パートミーティング
        1040連絡

        1050合奏

        1130休憩 ミニオン隊練習

        1200合奏

        1240終了

        1300クラシックカー、ブラジルキッズ練習(和室にて)

         

        <諸連絡>

        前半は演出確認します。

        ふるさとの音のバランスを確認したいので、奏者にお休みがいるパートは代わりの人が吹いてください。


        <基礎練習>
        ふるさと、ロングトーン、音階、バランス、ハーモニー、スケールとカデンツ

        あったかいく深い息で。視野を広く。

        <世界中の子供たちが>
        キッズダンサーと練習

        <ふるさと>

        奏者と合唱に分かれて練習

        次のパートにメロディをつなげるため、フレージングの終わりを優しく。

        最後、歌の人が2声に分かれるので49小節目はfp、アクセントなし。mpで。


        <ブラジル>
        キッズダンサーと練習


        <アラジン>
        先生のイメージとみんなのイメージがまだまだ違う。

        <天国の島>
        7の頭そんなに小さくしなくていい。

        78は攻める。テンポ通りにやると面白くなくなる。9の頭を狙ってつながるように。

        9からのベルトーンはディミヌエンドしすぎない。次の音の時に響きが残っていると良い。

        Aになったら表情を変える。

        Hは前にすすむように。

        97から16分音符厳しく。シンコペもうちょっと音を入れていく。

         

        <フラッシング>

        Gもう少し表情を出す。

        Bとかのトランペットのメロディは軽くとばすようにするとfpやりやすくなる。アクセントじゃなくスタッカートのように。

         

        <ハリウッド>
        Aなどのメロディは流れるように。

        <感想>

        副隊長のエイプリルフール話にテンション上がりました!

        先生より、全曲を通して、譜面を追うのではなくもっと表情を出してとのことです。

        そうですよね。コンサートに来てくださるお客様の心揺さぶる演奏がしたいです。

        今日細かい臨時記号をたくさん落とした私が何言ってるんじゃいですね。譜面も追えてませんでした。

        演出が仕上がって来て、コンサートの姿が想像できるようになってきました。ゲネが楽しみです。

        カテゴリ:休日練習 | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
        練習報告(ちぴえもん@Tb)
        0

          3/25(日)の日記当番はちぴえもん@Tbです

          10:00 集合
          10:35 パートミーティング
          10:40 諸連絡
          10:45 合奏
          11:30 休憩
          12:00 合奏
          12:45 片付け

          〈諸連絡〉
          演出より↓
          ・虹の譜面隠しの提出をお願いします。
          ・ふるさとの歌詞を持っていって下さい。
          ・クラシックカーはゲネの後に仕上げをお願いします。(文字の見本あります)
          ・後半に入場の練習をしますので、すぐに始められるように準備をお願いします。
          ・一緒に入場するキッズはキッズ席を利用するキッズのみでお願いします。 (家族席利用のキッズは参加不可でお願いします)

          広報より↓
          ・ポスターの掲示、チラシの配布のご協力よろしくお願いします。
          まとまった枚数を必要な方は事前に連絡を頂ければ用意しておきます。

          〈前半〉
          ふるさと→ロングトーン→音階(1)(2)→バランス→ハーモニー(和音を意識して音を前にとばすように)→スケールとカデンツ

          【お気に入り】
          出だしスタッカートを意識しすぎているのでテンポで。
          8小節目最後の音大きくならず自然に。mfなのでもう少し鳴らす(バラバラ感がある)
          Aから金管→気持ち鳴らしましょう。時々不発弾があります。
          木管→スピード速めに
          Mからスラーの終わりを軽く切ってあげる
          最後の音のつぶを大きくしようと遅くなる

          〈後半〉
          入場の練習

          【フラッシング】
          出だし華やかなファンファーレで(堂々と というよりも)
          9小節目リタルダンド感が出ないにようにお願いします。
          中間部5拍目がぶっきらぼう。

          【レッツゴー】
          担当パートは立ちましょう。
          アピールしましょう!
          最後のff ハレーーールーヤーー ではなく、ハレールヤー


          〜感想〜
          ふわっとした内容ばかりで、全然参考にならない日記になってしまい申し訳ありません。
          パートミーティングで先生の指示の周知徹底をよろしくお願いします。

          今日は久しぶりに練習に出られたのに、まさかの譜面一式を忘れてしまうという失態(涙)以後気を付けます。
          29日のゲネの日には花粉が減っていますように。

          カテゴリ:休日練習 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
          練習報告(はびっち@Sax)
          0

            日記当番は、はびっち@サックスです。夜分にすみません。


            10:00集合
            10:35パートミーティング
            10:40連絡
            11:30休憩
            12:45終了

            <諸連絡>
            親子劇場の広告が出来上がりました。出た人は持っていってください。
            チラシとポスターが出来上がりました。掲示のご協力お願いします。まとまった枚数が必要な方はあらかじめ教えてください。
            ふるさとの歌詞と虹のが用紙をまだの方は持っていってください。
            来年のコンサートのアンケート、18日までです。


            『基礎合奏で心がけること!!』配布。全員に届けてください。

            <ふるさと>
            まず演奏、次にうたい、その後楽器で。音が生きてくる。

            <ロングトーン>
            25m先に飛ばすように鳴らす。

            <バランス>
            ピッチを合わせるために、主の音、まわり、隣の音を聴く。

            <スケールとカデンツ>
            上のCがすごく低い。上にいったら音質を変える。地声のままに聞こえる。

            <世界中の子供たち>
            リズムを感じて元気よく。伴奏者、メロディー部分の終わりと次の音(4拍目と1拍目)がずれる。なのでテンポが一瞬飛ぶ。全員で感じればずれない。待てない人は早くなる。それでも全員で感じていればフレーズの終わりで戻せる。全体的にずっと同じに聞こえる。

            <ブラジル>
            振付の確認。最後は大きなritはしない。

            <アラジン>
            277、16分前に来ている。パパパパン!で。つなぎの4拍目が短い。273、266特に。間の空け方がすごく悪い。108、『1と2と3と4と』と感じて。255、3.4拍目が短い。26、切るまでしっかり鳴らす。減衰するとテンポ感がなくなる。

            <ハリウッド>
            Iに飛ぶところしっかり。Cの2小節前の4拍目頭、おろそかにしない。2、躊躇しない。

            <天国の島>
            86、付点8分の人はもう少し引っ張る。82のユーフォ、テンポ前に。97、A.サックスタイミング合わない。入りが遅い。

            <感想>
            今回は『全員でリズムを感じて』『全員で、みんなで』と言った言葉が多かったように思います。音源を聞いても、この曲をどうしたいかが細かいところまで満場一致で理解されてる気がする…。当たり前のことだしそのためのパートミーティングですが、限られた時間のなかでなかなか難しいことだと思います。でも、今日の総会でもありましたが、合奏できる場があってみんな色んな方面を解決させながら参加してる。(もちろん周りには感謝してます。)やっぱり合奏が好き!に尽きると思います。なので上記のこともできるはず!日が迫ってきて焦りますが、頑張りましょう。(長文&よくわかんない熱い文章すみません。)
             

            カテゴリ:平日練習 | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
            << | 2/105PAGES | >>